うつ病(精神科)のご相談は行橋厚生病院。通院、入院、訪問看護等、様々なニーズにお応えします。

医療法人財団つばさ 行橋厚生病院
電話番号
メディカルサポートのご案内

臨床検査

検査は病気の診断のためだけでなく病気の経過変動をみたりします。

慢性的疾患は経過観察が重要で、当院では検査結果が厳重に管理されております。また 正確な情報を医師に提供する事に努め、病める人を思いやり、精神的にも、 肉体的にも患者様のお役に立てる臨床検査技師を目指しております。

一般検査

X線による胸部・腹部及び全身の骨撮影を実施しています。デジタル撮影により、より細部の病変の観察も可能です。 患者様の症状に合った撮影補助具を作成、使用しておりますのでより安全・安心な撮影ができます。

生理機能検査

専門医の指導の下、臨床検査技師が生理機能検査を行っており、検査結果はコンピューター一括管理しております。

  • 安静時心電図

    心臓の動きにより生じる電気的変動を記録する、心臓の最も基本的な検査です。不整脈(心臓のリズムの乱れ)や狭心症(心臓の血管の詰まり)などの診断に有用です。

    【検査の準備・注意事項】
    • 食事制限はありません。
    • 手足と胸に電極をつけますので、上下に分かれた服装でご来院ください。
    • 機器から電気が流れることはありません。
    • 痛みはありません。
  • ホルター心電図

    胸に電極をつけ固定し、小さな専用の機器で24時間心電図を記録します。安静時心電図では、記録するのが困難な一時的に発生する不整脈の診断等に有用です。
    24時間心電図を記録したデータは当院のコンピュータシステムにより迅速に解析し、専門医師により診断します。

    【検査の準備・注意事項】
    • 食事制限はありません。
    • 機器をつけている間は、入浴・シャワーは出来ません。
    • 基本的に痛みはありません。
    • 電極や固定するテープにより、かゆみを伴うことがあります。
  • 呼吸機能検査

    大きく息を吸ったり、吐いたりして肺の機能を調べます。正確な検査結果を出すために、患者様の協力が不可欠です。 長年の喫煙など有害な空気を吸うために起こる慢性閉塞性肺疾患(COPD)等の診断に有用です。また、肺年齢も測定出来ます。

    【検査の準備・注意事項】
    • 食事制限はありません。
    • 痛みはありません。ただし、最大限の努力をしていただくので苦しくなる場合があります。
  • 動脈硬化検査

    両足首と両腕の血圧を同時に測定して、血管の硬さと詰まりを測定します。また、血管年齢を調べることも出来ます。

    【検査の準備・注意事項】
    • 食事制限はありません。
    • 血圧計のカフを手足につけるので、脱着しやすい服装でご来院下さい。
    • 巻いたカフが強く圧迫するので、多少の痛みを感じる方もいます。
  • 脳波検査

    頭皮上にペースト(糊みたいなもの)で電極を貼り付けて、脳から発生する電気的変動を記録します。 脳疾患の診断や障害の程度を知るのに有用な検査です。

    【検査の準備・注意事項】
    • 食事制限はありません。
    • 機器から電気が流れることはありません。
    • 痛みはありません。
    • 検査中は基本的に目を閉じて、安静にしていただきます。
  • 睡眠時無呼吸簡易検査

    いびきがひどく、いびきの途中で息が止まったり、睡眠中に何度も目が覚める、睡眠しているのに朝の目覚めが悪い又は、日中の眠気が強い方はいませんか?こんな症状がある方は、睡眠時無呼吸症候群の可能性が疑われ、高血圧、脳血管障害、不整脈などの循環器疾患を増加させると言われており治療において対応が必要である疾患です。
    当院では、ご自宅でできる睡眠時無呼吸の有無を調べる検査を行っています。就寝時に指と鼻に装着していただいて睡眠中の血液酸素濃度を測定します。
    一晩記録したデータは解析システムにより当院にて迅速に解析し、睡眠時の無呼吸の有無を診断します。
    睡眠時無呼吸の可能性が極めて高いと診断された場合には、専門病院と連携しており、より精密な検査および治療を行える体制をとっています。

    【検査の準備・注意事項】
    • 食事制限はありません。
    • 機器の取り付けの説明をさせていただき、就寝前自宅にて装着していただきます。装着は簡単に出来ます

超音波検査

超音波検査とは、身体に超音波を発信し、返ってくる反射波(エコー)を受信し、コンピュータ処理で画像化して疾患の有無を診断する検査です。  
超音波検査は、被爆の心配も痛みもなく、安全にできる検査です。

  • 腹部超音波検査

    「肝臓」「腎臓」「胆嚢」「脾臓」「膵臓」の5つの臓器を主に検査します。

    【検査の準備・注意事項】
    • 検査当日は、飲食しないでください。
    • 検査する部分に直接、機器にて触れるので多少の圧迫感があります。
    • 上下に分かれた服装でご来院ください。
  • 心臓超音波検査

    心臓の動きや大きさ、心臓の弁の動きや形態、血流の異常の有無などがわかります。

    【検査の準備・注意事項】
    • 食事制限はありません。
    • 検査する部分に直接、機器にて触れるので多少の圧迫感があります。
    • 上下に分かれた服装でご来院ください。
  • 頸動脈超音波検査

    首にある脳を支配する大きな血管を観察します。動脈硬化を起こすと血管壁が厚くなったり硬くなったりします。その様子を見ることが出来ます。また、脳梗塞を引き起こす可能性も診断出来ます。

    【検査の準備・注意事項】
    • 食事制限はありません。
    • 検査する部分に直接、機器にて触れるので多少の圧迫感があります。
    • 首を検査しますので、首回りが見える服装でご来院ください。
  • 下肢動脈超音波検査

    足にある大きな血管を観察します。頸動脈超音波検査と同じく動脈硬化の様子を見ることが出来ます。また、足の閉塞性疾患(血管の詰まり)や拡張性疾患(血管が一部通常よりも大きくなる)を診断するのに有用です。

    【検査の準備・注意事項】
    • 食事制限はありません。
    • 検査する部分に直接、機器にて触れるので多少の圧迫感があります。
    • 足の付け根から足先まで検査致しますので、ズボン等を脱いでいただきます。
      (女性技師が担当します)

当院の臨床検査技師 所属学会:日本超音波医学会、日本超音波検査学会
★日本超音波医学会認定、超音波検査士を取得した技師が在籍しております。

X線(画像検査)

一般撮影

X線による胸部・腹部及び全身の骨撮影を実施しています。デジタル撮影により、より細部の病変の観察も可能です。 患者様の症状に合った撮影補助具を作成、使用しておりますのでより安全・安心な撮影ができます。

胃・十二指腸造影

発泡剤・バリウム(総量130ml)を服用してローリング法による胃・十二指腸造影を実施しています。
患者様の身体状況に応じて撮影手技は適宜変更しています。

CT撮影


頭部・胸部・腹部・骨盤部・頸椎・胸椎・腰椎及び四肢骨撮影の全身用4列マルチスライスCTを設置しています。 撮影時間も短縮されており、患者様には少ない負担でより多くの画像情報が提供できるようになりました。
 
撮影ガントリーの開口部も広々設計により患者様に無理な姿勢を強いることなくリラックスして検査を受けていただけま す。高画質と被被ばく低減をモットーに、ルーチン検査の精度を高めています。

当院では患者様各人の、その日の状態・状況・症状に合わせた撮影方法・撮影条件・撮影手技に基づいて、X線撮影を実施しています。 撮影時間もゆったりとることもできますので安心して頂けると思います。 最近注目されている被ばく線量も、出来る限り低減するよう努めています。 撮影データーはPC管理していますので、必要に応じて前回の撮影日・読影結果等を検索して、検査報告書を作成する事ができます。過去、現在のフィルムの貸し出しも出来ますので御利用ください。 尚、各種保険以外での健康診断も受け付けておりますので、お問い合わせください。

診療科目

  • 心療内科
  • 精神科
  • 循環器内科
  • リハビリテーション科
  • 内科

診療時間

診療時間
ページの先頭へ戻る